最新!人気No.1をチェック!

電話占いコラム集

電話占いは男性利用者にも向いている?

困難や問題に直面し、悩みを抱えるのは女性だけではありません。
世間的に「占いは女性が利用するもの」というイメージは少なからず存在しますが、男性でも占いを受けたい人はもちろん沢山いるでしょう。

では電話占いは男性利用者でも気軽に利用できるものなのでしょうか?
今回は「電話占いと男性利用者」をテーマに、電話占いの実態や参考情報をまとめました。
電話占いを利用する男性は意外と多い
各種電話占いサイトを調査してみたところ、利用者のうち「男性利用者は2~3割いる」ことが分かりました。
つまり電話占いの利用者はほぼ全員が女性というわけでもなく、男性利用者は決して珍しい存在ではありません。

むしろ対面の占いより、電話占いの方が利用しやすいという男性も多いようです。

【電話占いを利用しやすいと男性が感じる理由】
・仕事の都合上、日中は自由な時間が取れない
・対面占いは女性が多く行きにくいが、電話占いなら人目を気にする必要がない
・顔が見えないためプライドが邪魔せず、素直に悩みを相談できる

これら電話占い独自のメリットに魅力を感じ、男性利用者の割合が多くなっているわけですね。

確かに対面占いで人気の占い師の鑑定を受けようとすると、並んでいるのはほとんど女性ばかり…という場面もよく目にしますから、居心地や周囲の目を気にせず相談できる電話占いに男性が魅力を感じるのは納得でしょう。
実は男性の方が大きな悩みを抱えていることも
あくまで傾向としてですが、男性の中には「男が弱みを見せたり、愚痴を吐くのは好ましくない」と考える方は少なくありません。
悩みや不安は他人に吐き出すことで負担が軽減されるのはよくある話ですが、男性の中には他人に吐き出す場面がなく、自分自身で処理しようとして結果的に大きな悩みを抱え続けるケースも多いのです。

ただ…だからといって、占いを利用するのもどうなのか?
確かにそう感じる方はいるでしょうが、占いは「当たり・外れ」だけが重要なのではなく、導き出された答えを元に悩みや不満から抜け出すきっかけを得ることも大きな役割なのです。

つまり占い師に悩みを打ち明け、ヒントやアドバイスを得ることで自分の進むべき道を見出す可能性を高めるわけですね。

ですから「占い」という枠組みにとらわれ過ぎるのではなく、「悩みごとの専門家に相談する」ぐらいの気軽な気持ちでまずは電話占いを体験してみるのも良いでしょう。

実際に電話占いを受けてみると、想像していたイメージとは良い意味で全く違った、という話はよく聞きますので、少しでも興味があるならまずは自分自身で体験するのが一番です。
男性利用者の相談内容は何が多い?
女性利用者の場合、相談内容でダントツに多いのはやはり「恋愛関係」の悩みです。
出会い、片思い、復縁、結婚など、様々なシーンで恋愛関連の悩みを抱えるのは女性の特徴的な傾向だと言えるでしょう。

もちろん男性でも恋愛関係で悩むことはよくある話。
ただし、電話占いを受ける男性利用者が抱える悩みの中でも、恋愛と並んでよく聞かれるのが「仕事関係の悩み」です。

・転職した方が良いのか?
・自分に合った仕事が見つからない
・起業して成功するか?
・転職先で迷っている
・事業で失敗した
・職場の人間関係で悩んでいる


などなど、結婚や出産を機に仕事から離れる女性が一定の割合で居るのに対し、相対的に長い期間仕事と向き合う傾向の強い男性にとって、仕事関係の悩みは付きものと言っても過言ではありません。

また、夫婦関係のもつれや恋人との関係悪化、プライベートが充実しないなど、仕事に付随して他の悩みを抱えるのも男性の特徴でしょう。

現状の分析や未来を読んでもらうだけでなく、人によっては風水を取り入れたり、転職先の名前や立地などから相性をみてもらうようなケースもありますので、仕事関係の悩みを抱えているなら占いからヒントを得られる可能性は十分にあると考えられます。
男性でも気軽に占いを利用できる時代になった
単刀直入に言いますが、「占いは女性が受けるもので男は…」などという時代は終わりました。
実際、経営者や企業の役員など社会的地位のある人でも、電話占いを利用しているケースは数多く存在しています。

更に最近では企業をターゲットにした電話占いも増えてきました。

やはり対面占いと違い、プライベートな空間で周囲の目を気にせず行える電話占いや立場やプライバシーを侵されることなく利用できるため、男性利用者にとっても重宝される存在となっていったのでしょう。

特に男性は悩みや不安を簡単に他人に打ち明けず、一人きりで抱え込み苦しんでしまう人も少なくないはず。
ですが一人で抱え込んでストレスがたまったり、悪循環に陥ってしまっては元も子もありません。

ですから「占いで解決するのではなく、負担を軽くするために占いを利用する」ような意識で定期的にガス抜きする方法もアリだと思うのです。

占いは特に経験しみないと分からない部分が多いものですし、周囲の目を気にせず相談できる電話占いは、占いビギナーにとっての第一歩に向いているはずですよ!