最新!人気No.1をチェック!

電話占いコラム集

電話占いで精度を上げるためのコツ

どうせ占ってもらうなら的確な占い結果を提示してほしいですし、なるべくためになる情報を得たいと考えるのは当然です。

では占いの精度を高めるためにはどのような点がポイントになるのでしょうか?

・評判の良い占い師に占ってもらう
・相性の良い占い師と出会う

もちろんこのように「占い師選び」は重要ですが、精度を高めるために利用者側で出来ることもいくつかあります。
今回は電話占いで精度を上げるためのコツについて、具体的な方法をご紹介しましょう。
占いでは受け身になり過ぎない
占いと言えば、「みてもらう、占ってもらう」イメージをお持ちの方が大半かと思います。
だからといって完全に受け身になっては満足した占い結果を得るのは難しいかもし得ません。

何故なら占う側は、「相談者がどんな人で、どんな悩みを持ち、どんなことを知りたいか?」によって占い方や占う部分、伝える情報が異なるからです。
占い師なら何でもわかるでしょ、と感じるかもしれませんが、そもそも精度の高い占いを行う上では相談者からいくつかの情報提供を受けることが大切であると覚えておきましょう。

例えば姓名判断なら氏名、占星術なら生年月日が非常に重要な意味を持つ、といったイメージですね。

ですから「相談者がより細かで明確な情報を伝えれば伝えるほど、占いの精度は上がる」と考えてください。
もちろん占いの精度が上がればそれだけ有益な情報を得られますので、相談者が抱える悩みや疑問の解決を導きやすくなります。
占い師に伝える情報は事前にまとめておく
「相談者がより細かで明確な情報を伝えれば伝えるほど、占いの精度は上がる」とはいえ、何の準備もなしに的確な情報を即座に提示するのは難しいものです。
そこで基本的なプロフィール情報や伝えたほうが好ましいと考えられる情報は、事前にメモなどにまとめておくのがベストです。

【占いの際に提供することの多い相談者側の情報】
・氏名(フルネーム)
・生年月日、年齢、星座
・血液型
・結婚の有無
・恋人の有無
・気になる異性がいる場合はその人のプロフィール(年齢、生年月日など分かる範囲で)
・仕事の内容
・悩みを打ち明けられる人の存在
・現在住んでいる場所、出身地

電話占いの場合、時間に応じて鑑定料が加算されていくシステムが多いため、これらの情報を事前にまとめておくことが鑑定時間の省略はもちろん、効率よく精度の高い占いを進めるうえでは非常に重要です。

あくまで上記で示した内容は一例ですので、相談内容に合わせて提供情報のまとめ方を変えるのもアリでしょう。
相談内容は明確にしておく
占いを受ける方は、内容は違えどそれぞれ悩みや疑問を抱えている点は同じでしょう。
ですが精度の高い占いを受けたなら、悩みを伝えるだけでは不十分です。

例えば「片思い」で悩んでいる人がいたと仮定しましょう。
占い師に片思いで悩んでいることは当然伝えるでしょうが、それだけでは相談者が「片思い中なのは分かる、何に悩んでいるのか?何を知りたいのか?」が占い師には伝わりません。

・相手の気持ちが知りたい
・相手との相性が知りたい
・諦めるべきか迷っている
・ベストな接し方が知りたい
・自分以外に好意を持つ人がいるのか知りたい


このように片思い中だとしても、知りたい内容、占ってもらいたい内容は人それぞれですからね。

人によっては「この内容は知りたくない」といったパターンもありますので、「具体的にどんな部分で悩んでいるか」「知りたい内容」「知りたくない内容」などは占いを始める前に事前にしっかりと伝えておくのが好ましいと言えるでしょう。

その為には事前に相談内容を整理し、きちんと伝わるようまとめておくことが大切です。
疑問点や占ってほしい内容を箇条書きにメモしておけば、効率よく相談内容を占い師に伝えて精度の高い占いを受ける助けとなるはずです。
占い結果を掘り下げることで満足度は高まりやすい
ここまでご紹介してきた内容はあくまで、「精度の高い占い結果を導き出すために重要なポイント」です。
ですが占い結果が提示されれば、それで終わりでしょうか?

いいえ、おそらくほとんどの人は「占い結果を参考に、望む未来や変化を手にすること」が最終的な目標となっているはずです。

だからこそ占い結果が提示された後は、「その結果をどう活かせば良いのか?」を考えましょう。
もちろん内容によっては、占い結果が分かっていてもどう行動に移せばよいのか分からないケースも珍しくありません。

恋愛相談で「相手との相性は良いと出ました」と言われても、実際にどうアプローチすべきか多くの人が悩むのと同じです。

そこで占い結果の活かし方がよく分からない場合は、結果を掘り下げることが大切だと考えてください。
「結果を掘り下げる」とは、占い結果を指針に自分が今後どうしていくべきか?占い師にアドバイスを求める作業です。
もちろん「占い師に動き方や今後の選択すべて決めてもらう」という話ではありません。

何事もあくまで行動し、選択するのは自分自身。

占いはそのための後押し、サポートだと考え、悩みを解決するために日々を過ごすうえでの心掛けや注意点などを占い師に確認するのが、「結果を掘り下げる」作業です。
この作業を行うことにより、占い結果を日常生活に活かすための知恵を占い師から引き出しやすくなりますので、実践すればそれだけ悩みを解決に導きやすくなるでしょう。

もちろん悩みが解決に向かっていることを実感できれば、それだけ占いそのものへの満足度も上がります。
占いは一方通行ではなく、相談者と占い師の対話であることを常に忘れず、精度の高い占いを受けるために事前準備を大切にしましょう!