最新!人気No.1をチェック!

電話占いコラム集

諦めるのはまだ早い!電話占いが当たらないと感じている人に

占いは受ける人すべてが「当たった」と感じるとは限りません。
占いは受け止め方によって印象が変わりますし、それ以外の要素により「当たっていない」と感じるケースもあります。

そこで今回は「占いの当たる・当たらない」にスポットライトを当て、その理由や原因に関する解説をまとめました。

もしあなたが「電話占いを受けたが当たっていなかった!」感じているなら、今回ご紹介する内容を参考にすることで状況が改善されるかもしれません。
占いは当たるだけで満足できるとは限らない
これは「占い」そのものに関する根本的な話です。
まず以下の例をご覧ください。

占い師「あなたは去年、失恋しましたね。別れを切り出したのは彼からですが、あなたは未だに吹っ切ることが出来ず、復縁を望んでいますね?」
自分が話してもいないのにこのような内容を占い師に告げられ、その内容が当たっていて、なおかつあなたが相談したい悩みの内容とぴったりマッチしたとしましょう。

これだけ見れば占い師の話は当たっています。
ですが過去の出来事や悩みの内容を当てられたことが、イコール満足に直結するでしょうか?

大抵の人は満足しませんよね。
何故ならこの人の場合、大切なのは「復縁を望む相手との可能性や未来の展望を知り、ヒントを得ること」だからです。

従って、占いはいくつかの事柄が当たっただけでそれが満足につながるものとは限りません。
もちろん占い師が当てること自体を否定しているわけでも軽視している訳でもありません。

ここで言いたいのは、優秀な占い師、評判の占い師というのは「当てる占い師」だけではなく、「相談者の悩みを解消へと進めるヒントやアドバイスを提供できる占い師」でもあるということです。

「当たった」・「当たらない」だけで占い師の良し悪しを判断するのではなく、鑑定で得た結果やアドバイスをどう利用するのか?が大切であると考えましょう。
占いの役割
何かに迷っていたり自分ではどうにもならない不安や疑問を抱えているからこそ、占いで何かを得ようとするのは自然な発想です。
ですが人によっては「占いに頼り過ぎる」「占いに答えを求めすぎる」傾向が強くなってしまうのも事実です。

例えばAさんが「〇〇さんに片思いしているが、成就するか?」という悩みを相談したとしましょう。
占い師は相談者に対し「〇〇さんとは相性が良いので、成就する可能性は高い」と告げました。

それを聞いてAさんはすぐ、片思い中の相手に告白しました。返ってきた答えは「NO」です。
どうでしょう?
この例を見て、占い師が外した、占い師が悪いと感じたなら「占いに頼り過ぎる」「占いに答えを求めすぎる」傾向が表れていると言えるでしょう。

確かに占い師は相性の良さや成就の可能性を指摘しました。
ですがだからといって、すぐに告白して恋が実るかと言えば、それほど単純な話でもありません。

恋愛というのは距離を縮め、人間関係を築き、お互いに惹かれあってこそ成就するものだからです。

このように何かしらの「結果」を得るには、それなりのプロセスを踏む必要があり、その為には本人の努力や正しい選択が求められることを根本的に理解しておかなければ、占いで得た結果をうまく活かすのは難しいと考えてください。

何より、他人の気持ちは刻々と変化しますし、周囲の環境も常に変わり続けるものです。
だからこそ「占いで良い結果が出たから、絶対叶う」などと考えるのではなく、占い結果を参考にしたうえで、周囲の変化に合わせながら求める結果を得るために正しい選択を行うことが大切になります。

電話占いを受けて「当たらない」と感じている方は、「占いに頼り過ぎる」「占いに答えを求めすぎる」傾向が強くなっていないかを見直してみましょう。
占い方法・占い師との相性が悪い
占い師も人間ですから、相談者との人間的な相性により「満足できなかった」というケースは珍しくありません。
例えば、ズバズバ言うタイプの占い師が苦手な人もいれば、そうでない人もいる、といったケースなどがこれに該当します。

もちろん人間的な相性の悪さを感じた場合は、他の占い師に乗り換えることで解消される見込みはあります。
ですが人間的な相性ではなく、「占い方法との相性が良くないパターン」に該当している方は、単純に占い師を変えただけでは状況が改善されないかもしれません。

一口に占いと言っても、姓名判断・占星術・タロット・四柱推命など占い師ごとに用いられる占い方法は様々で、また占い方法それぞれで特色が異なるからです。

【占い方法別の特色一例】

■姓名判断・・・姓名の文字や画数、音の印象によって占う方法。字画や画数によって未来が左右されるとの考えから、赤ちゃんの命名時に用いられることも多い。

■占星術・・・生まれた年・月・日・時刻や場所などを元に占う方法。西洋占星術では、12星座をもとにし相談者の運勢を読み解くのに対し、東洋占星術では、人体星図という表から相談者の宿命・運命などを導く。

■霊感、霊視占い・・・相談者の声や質問内容を元に占う方法。過去・未来に関する読み解きだけでなく、第6感を通じて映像や音を感じることにより、あらゆるジャンルの相談に対応しやすいのが特徴。占い方法の中でも特に人気が高い。

ご紹介したのはあくまで一部ですが、占い方法によって適した相談内容が異なるイメージは持てたでしょうか?

電話占いで「当たらない」と感じている方は、この占い方法と相談内容がマッチしていないケースも考えられます。
従って、相談した占い師の占い方法を確認したうえで、異なる占い方法を用いる占い師に乗り換えてみるのもひとつの手でしょう。

自分ではよく分からない場合、サイトのサポートに相談すればおすすめの占い師を紹介してくれることもありますので必要に応じて利用してみてください。
こんな占い師には要注意
電話占いの中で不快感やストレスを感じたり、自分にとってプラスにならないと感じた際は、早めに電話を切るのもひとつの手です。
もちろんすべての人に当てはまるわけではありませんが、以下のような特徴を持つ占い師には注意が必要です。

【無駄が多い】
優秀な占い師の多くは「短時間でより多くの情報を教えてくれる」のが特徴的です。
逆に話に無駄が多く、知りたい情報がなかなか得られない占い師であると感じた場合は、必要以上に鑑定料がかさむ可能性を考慮すると次回以降避けるのが無難でしょう。

【威圧的・ネガティブな指摘が多い】
占いは良いことだけを告げるものではありませんので、時には厳しい指摘、望まない結果を知らされることもあります。
ですが占いの中で不吉なことばかり強調したり、「絶対に〇〇しないと失敗する」「私の言うことだけ聞いていれば良い」などと語る占い師は危険です。

占いの本質は、相談者に寄り添いながら、指針となる後押しを行う役割を担っていますので、何かを強制したり押し付けるような占い師からは離れることをおすすめします。

【相談者の話を聞かない】
占いの目的は「相談者が知りたい情報を提供する」のが基本。
従って、相談者の話を聞かず言いたいことだけをひたすら述べる占い師はおすすめできません。

もちろん占い師なりに情報は提供しているつもりでしょうが、相談者の気持ちや意見を聞かずに占いを進めると、結果的に相談者が知りたい情報を得られない可能性が高くなるからです。

以上、今回は電話占いが当たらないと感じている人に向けて、当たらないと感じる原因や対象法などを詳しくご紹介しました。
電話占いに満足できていない方は、今回ご紹介した内容を参考に、まず原因がどこにあるのか?探したうえで解消への道を模索してみましょう!