最新!人気No.1をチェック!

電話占いコラム集

占い結果が悪かった時の対処法

占いは求める結果を必ず導き出してくれるものではありません。時にも望まぬ結果、悪い結果が出ることもあります。

もちろんそれで現実が悪化すると決まったわけではなく、大切なのは占い結果をもとに生活することで悩みや疑問を解消していくことです。

とはいえ悪い占い結果が出るとどうしても凹みますし、どうすべきか更に深く悩んでしまうこともありますよね。

そこで今回は占い結果が悪かった時の様々な対処法をまとめました。
まずは占いの精度を確かめる
悪い結果が出てしまった時、どうしてもその結果だけに意識がいき、他の事柄を考える余裕がなくなりやすいものです。
ただ悪い結果が出た時こそ、そもそもその占い結果は当たっているのか?疑問を持つことが大切です。

もちろん他人の気持ちや未来に関する占い結果は、当たっているか外れているかを自分一人で確かめるのは不可能でしょう。
ですから「鑑定全体を通して、告げられていた内容が当たっていたか?」を振り返ることで、占いの精度を確かめる目安にはなります。

鑑定の中では様々な事柄を告げられますが、そのすべてが他人の気持ちや未来の出来事など確かめようのないモノばかりとは限りません。
自分自身の性格や過去の事柄について言及していた場合は、それらが当てはまっていたかを振り返れば、占い師の言葉がどれぐらいの精度を持っているかを見極める判断材料となるでしょう。

仮にいくつかの点が「外れている」「当てはまっていない」と感じるなら、悪い結果を出されたとしても気に掛ける必要はありません。

他の占い師に乗り換え、異なる結果を得られるか試してみると良いでしょう。
占い結果を分析する
まずは以下の例をご覧ください。

【片思いで悩むAさん:相手の気持ちを占いで知りたい】
■鑑定結果:相手はAさんに特別な好意を抱いていない。想いを告げても成就する可能性は低い。

この例ですと、Aさんからすれば一見悪い占い結果に感じやすい内容ですね。
ですが占い結果を分析すると、また違った見方も出来ます。

「今はAさんに特別な好意を抱いていないので、想いを告げても成就する可能性は低いが、今後の関わり次第では関係発展の見込みがある。」
もしかすると占い結果は上記のような意味合いだったのかもしれません。

言葉のやりとりで行われる電話占いの場合、こういった「占い結果がうまく伝わらない」ケースが十分に考えられますし、相談者が占い結果を悪い方に歪んで捉えてしまうケースも珍しくありません。

従って悪いと感じる占い結果を提示されたとしても、そこで落ち込んで終了、ではなく占い結果をまずは分析しましょう。

仮に受け止め方次第で解釈が変わったり、気になる点全てを確認できていないと感じる場合は、占い結果の真意を改めて占い師に聞いてみることをおすすめします。
悪い占い結果をプラスに捉える
占いで望まぬ結果を突き付けられると「占いなんて!」と逃避したり、「ダメなんだ…」と落ち込んでしまう気持ちは分かります。
ですが悪い結果を提示されたからと言って、それがあなたにとってマイナスな出来事とは言えません。

【悪い占い結果は捉え方で変わる】
■好きな人と相性が良くないと言われた。

自分に合う人はほかにいるんだと気づけた。新しい出会いに向けて進みだせた。

■今新しい事業を起こすと失敗する可能性が高いと言われた。

今の自分に何が足りないのか考える機会を得られた。

このように悪い結果を受け止めることで、良い流れに持っていくきっかけを得たり、未練を捨てる機会を得られると考えれば、「悪い占い結果=悪い出来事」ではないと考えることが出来ますよね。
相談者が原因で占いの精度が低いケースも
悪い結果が出る、占いの精度が低い、といった際に原因は占い師にあると考えていませんか?
もちろんその考えが合っている場合もあります。

ですが相談者が原因で占い結果に良くない影響が出るケースも少なくありません。

・相談者の提供する情報が正確でない
・相談者の提供する情報が少ない
・相談内容がうまく伝えられていない
・占いで何を知りたいのか?何をみてほしいのか?を伝えられていない


占いは占い師が一人で進めるのではなく、相談者の協力を得て進めるものであり、精度の高い占い結果を導き出すうえでは相談者自身にもいくつかの心掛けが必要なのです。

【占いで相談者が心掛けておきたいポイント】
・基本プロフィールなど提供情報を事前にまとめておく
・どんなことで悩んでいるか?相談内容は明確に
・占いで何を知りたいか?何をみて欲しいのか?を占い師に伝える
・提供情報やプロフィール等は伝えやすいよう書き留めておく

適切な情報提供と意思表示は占いの精度を高めるうえでは非常に重要なポイントです。
占いで望まぬ結果を提示された場合は、自分自身にも準備不足や至らない点がなかったか振り返ることで根本的な問題を見出す助けとなるでしょう。

以上、今回は占い結果が悪かった時の様々な対処法について具体例を交えながら詳しく解説しました。
良い結果も悪い結果も、占いで得た内容はあくまで「アドバイス」「参考情報」であり、占い結果がすべてではありません。

仮に悪い結果が出たとしても、その事実を知れたこと自体が収穫であり、結果をもとに悪い展開を回避するための新たな指針を得られるわけですから、どんな結果であれマイナスに捉えすぎないよう心がけましょう!